埼玉県・東京都の西部地区を中心に借金問題でお困りの方の支援をします

自己破産

自己破産とは

自己破産とは債務者が借金など返済が困難になり、
自分の財産では弁済することができなくなった場合に
最低限の生活必需品を除いた財産で、
全債権者にその債権額に応じ、公平に弁済することをいいます。

自己破産自体は、返済が不能になったという認定に過ぎず、
免責手続を取ることによって、残りの債務を免除されることになります。

自己破産を利用できる場合

  • 支払い不能であると認められるとき
  • 過去7年間に免責を受けたことがない場合
    • 免責を7年内に受けたことがある場合でも、
      事情によっては免責が受けられることもあります。
  • 借金がギャンブルなどを原因としない場合
    • 破産宣告自体は受けられても免責が受けられない場合があります
      • ギャンブルや浪費などのために借金をした
      • クレジットカード購入した物を換金屋に売った
      • 自営業の場合、帳簿を隠したり、不実の記載をした
      • 返せる見込みがないのに、返せるといって借金をした 等

自己破産のメリットとデメリット

メリット

  • 免責手続を取ることによって、法的に借金がなくなり,
    今後特別な債務を除いて,一切返済する義務がなくなります。
    • 自己破産は今後の生活を立て直す上で最も経済的に有利な
      債務整理の方法だといえます

デメリット

  • 高価な財産が処分される
    • ここでいう高価な財産とは,
      99万円を超える現金及び時価20万円を超える財産をいいます。
      なお,家具等の生活に欠くことができないと認められる財産については
      一切処分されませんので,自己破産をしてもこれまでと同様の生活を
      送ることが可能です
  • 一定の資格が制限される
    • 弁護士、公認会計士、司法書士、税理士などや
      保険外交員や証券外交員など他人の財産を預かる職業などにも
      つくことができなくなります
    • しかし、将来的にずっと制限されるわけではなく、破産手続きが終了するまで
      制限されることになります。

自己破産の費用

  • 20万円 債権者が11社以上の場合、1社1万円を加算。
    • 裁判所に収める予納金、印紙代を含みます。
    • 費用には消費税がかかります。
    • 破産管財人が選任された場合、別途予納金が20万円ほど必要になります。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional