休眠抵当4

というわけで、清算人の戸籍を調査することになりました。

この当時まだ住民票というものはなく、

住所として記載されているものは、当然本籍と一致して

いたのが幸いして、すぐに清算人については調査することが

できました。

全員死亡・・・・・・

清算人の権利義務は相続されるものではありませんので、

この農業会には清算事務が残っているのにもかかわらず

清算人が不在ということになります。

これは、裁判所に清算人を選任してもらうしかありません。

土地の所有者が利害関係人として、農業会の清算人の

選任を裁判所に申立し、選んでもらうことになります。

ついに裁判手続きまでたどり着いてしまいました。

清算人の選任申請には、ただ選んでくれと申立てるだけでなく、

清算人の候補者を立てなければなりません。

全く関係ない人を選んでもらうわけにも行かず、

とりあえず、関係がありそうな農協に相談。

しかし、当時のことを知っている人もおらず、

それを受けてくれそうな人の心当たりもないとのこと。

依頼者とどうしようかと相談した結果、農業委員だったら

関係があるのではないかということになり、

地元の農業委員に協力を依頼したところ、

快く引き受けてくれることになりました。

そこで、農業委員を清算人の候補者として、

地方裁判所に清算人の選任を申請しました。

結果が出たのがその3ヵ月後・・・

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=980