登録免許税で困った・・・

昨日は夕方に来客が3組ほどあったので、

すっかりブログのことを忘れていました^^;

さて、今日は不動産登記の登録免許税の元になる

課税評価基準の相談を法務局でしてきました。

建物の移転登記をするのですが、途中で増改築していて

登記簿の床面積が評価証明書の床面積よりはるかに大きいのです。

通常は面積の差の部分は認定価格と増築してからの経年で

計算するのですが、ここで2つほど問題が・・・

1つ目は建物の構造が、事務所と居宅になっていて、

この場合は、事務所と居宅の割合を測量した調査士さんに

証明をしてもらい、合計するのですが、

増改築前の割合が分からず、事務所と居宅がそれぞれ

何平方メートルづつ増えたのか分からないこと。

2つ目は年月日不詳で表示の変更がされていて、

改築してから何年経っているのか分からないこと。

登録免許税の問題ですので、勝手に判断することはできません。

そこで登記官と打ち合わせをすると、かなり困った様子。

結局は、評価証明書を使用せず、増築もなく当初から

現在の床面積として計算するしかないでしょうという

結論になりました。

建築後27年以上経っている建物ですので、

認定価格も25%になり、妥当な価格がでてきそうです。

後は調査士さんに証明書をお願いして、なんとか登記へ・・

決済の日が直ぐに迫っていなくて、よかった、よかった^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=974