離婚協議書

このところたまに離婚の相談がありますが、

養育費はいくらぐらい貰ったらよいかとか、

財産分与で家の名義を変えるにはどうしたらよいかなど、

離婚の条件についての質問が多いようです。

確かに当事者の協議が一番重要なことは間違いありませんが、

話し合いの結果がまとまった後のことを考えている方は少ないようです。

公正証書による離婚協議書の作成はおろか、

通常の離婚協議書を作ることすら考えていない方が大半です。

離婚に際しての条件を決めるわけですので、

単なる口約束ではなく、離婚協議書として残しておくことが

最低限必要です。

更に、将来的に養育費の支払を確実なものとするためには

公正証書による離婚協議書の作ることが必要でしょう。

公正証書に強制執行認諾条項

(払わなかったら強制執行してもらってかまわない)

を入れておくことで、訴えを起こすことなく

給料などを差押することができるからです。

特に、養育費は一回の差押で将来に亘って給料を

差し押さえることができますので、強力な手段です。

分かれるときに約束したのにとならないように

十分な準備をすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=972