戸籍謄本の値段

今日は、戸籍をたくさん請求しました。

司法書士は、職務上請求書を利用して、依頼があれば他人の戸籍や住民票を取ることができます。

これは、個人情報の保護が取りざたされている昨今、むやみに利用できる制度ではありません。

過去にその取り扱いを誤り、綱紀事件になった司法書士もいます。


職務上請求書の形式も昨年、変更され、何の事件で、誰からの依頼があり、

どこに提出するために取得するのかを記入しなければならなくなりました。

近くの、役所でしたら直接出向いて、取得するのですが、

遠方の場合は郵送で取り寄せることになります。

役所に支払う費用は、定額小為替を利用するのですが、

郵便局の民営化に伴って、その手数料が高くなりました。

1枚につき以前は10円だったのが100円になってしまいました。

たとえ、50円の小為替を使いたくても150円必要になるわけです。

戸籍謄本(現在の戸籍)ですと450円、除籍謄本(過去の戸籍)ですと750円。

これを小為替で支払うためにはそれぞれ650円(400円+50円+手数料200円)、

1050円(400円+300円+50円+手数料300円)

これは馬鹿らしいなと思っていたところ、450円券、750円券などができたそうです。

やっと対応してくれたというのが正直な感想です。

今まで、「とり過ぎだろ」と思ってました。

ところで、1000円券を送っておつりをもらっていたのは、内緒です。
(ぴったりで払ってくれと、メモが入ってました。すみませんでした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=95