裁判の実況?

今日は、クラヴィスの過払い金返還訴訟の

第1回の口頭弁論がありました。

答弁書がFAXされてきたのは9月11日の夜。

送られてきたことに気がついたのが、土曜の夕方。

全く、ぎりぎりです。

答弁書の内容を確認し、受領書をクラヴィスにFAX。

約30万円の請求に対し、6万で和解したいといっている。

以下、裁判所の様子を実況中継してみると、

まず、書記官に答弁書の受領証を渡します。

裁判官「訴状の陳述は、訴状のとおりですね?」

私「はい」

(訴状を読み上げるのが原則だが、実際は訴状のとおりで済ます)

裁判官「被告は欠席なので、陳述擬制・・・」

(簡易裁判所においては、初日に限らず書類さえ出していれば

その書類の内容の陳述がされたものと看做される)

裁判官「クラヴィスって初めてだけど、どこ?」

私「以前のタンポートです」

裁判官「ああ、じゃ、裁判外の和解は無理だね、

6万って言ってきてるけど」

私「はい、無理です」

裁判官「じゃ、書記官、次回期日を・・」

書記官「10月19日でいかかですか?」

私「はい、結構です」

所要時間約1分。

傍聴人が見ていたとしても

何のことやらさっぱり分からないでしょう。

裁判の現場なんて、こんなものです^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=931