過払い金と本人訴訟

昨日あたりから、9月に入って受任した債務整理の取引明細が

どっと来ています。

ひたすら、利息制限法に沿って引き直し計算です。

おや、この会社は過払いが170万もあるじゃないですか・・・

これでは、司法書士は代理して交渉したり、

訴訟したりすることができません。

さて、どうするかな?

どうせこの会社は、交渉をしても50%しか提示してこないし

結局訴訟になるので、本人が訴えをする本人訴訟でいくか・・・

それとも、本人にその気がなければ、

弁護士さんに頼むのか・・・

司法書士の140万円までの代理権というのは

使いづらいものです。

お客さんには全く関係ない理由で、

140万を超えたとたんに、迷惑を掛けることになる。

本人訴訟は費用も安く済むのでお勧めなのですが、

会社を休んで裁判所に行かなければならず、

また、裁判所で原告として行動しなければならないことから

しり込みをする方もいます。

こちらで訴状を全部書き、当日どうすればよいか指導し

出来れば一緒に裁判所まで行くのですが、

それでも自分で裁判をするとなると、

やはり抵抗があるようです。

先日書いたように裁判の実際なんて、あんなものなんですが・・^^;

取りあえず、本人とよく相談することにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=923