権利書の偽造

司法書士会から不動産詐欺事件の報告書というのが届きました。

権利書の偽造、運転免許証の偽造で

本人がなりすましをしていたそうです。

担当した司法書士が事前に送ってもらった権利書のFAXに

違和感を持ち、(通常司法書士が作成するものと微妙に違う)

権利書を作成した司法書士の会員調査と、

法務局へ権利書の確認を依頼したらしい。

その結果、該当司法書士は存在せず、

権利書も偽造の可能性があるとの回答があり、

決済を延期したとのことです。

その後の調査で、免許証は偽造されたもので、

本人はなりすましであると判明。

更にその後、別の司法書士に同様の依頼があり、

決済はしてしまったが、法務局が偽造権利書のことを

知っていたので、登記はされなかったと。

司法書士をしていると、常に偽造の問題は付きまといます。

権利書を持っていて、実印があり、印鑑証明もある。

免許証の住所と写真をチェックすれば

通常は本人と考えてしまうでしょう。

本人確認はいつも気を使っていますが、

今後は一層注意深く業務にあたりたいと思います。

しかし、こんな経験、絶対したくはないな~^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=920