借金返済の順番2

涼しくなってきたので、事務所のHPのデザインを変えてみました。

ちょっと、渋い感じです^^;

例によって、またスキンを変えただけですが・・・

ところで先日、借金の返済の順番の話を書きましたが、

個人の場合ではなく、事業をやっている方の場合を考えて見ます。

事業をやっている場合、資金が出て行くのは、

1.人件費

2.仕入れや外注費

3.税金や保険

4.金融機関への返済

などが考えられます。

この中で、優先順位が高いのはどれでしょうか。

つまり、支払いを止めても商売が続けていけるかどうかを

判断基準にすべきです。

人件費の支払いを止めたら、従業員のモチベーションが下がる

だけではなく、辞めていく人もいるでしょう。

仕入れや外注費を支払いをしなかったら、

仕入れが出来なくなったり、仕事を請けてくれなくなったりして

商売が続けられなくなる可能性もあります。

これに対し、税金や保険の支払いを止めても

商売は出来ます。

銀行に対する弁済を止めても同じです。

しかし、支払わなくてもよいということではなく、

今あるお金で優先順位の高い順に支払いをし、

支払えない分はどうするかを考える必要があるでしょう。

新たに運転資金を融資してもらえればよいのですが、

それが出来ない場合は銀行や、税務署、社会保険事務所などに

支払いの猶予をしてもらう交渉をする必要があります。

融資と支払猶予は運転資金の確保という意味では

同じだと考えられるからです。

貸し渋り、貸しはがしが問題になっていますが、

事業に将来の展望さえあれば、

支払猶予の可能性はあるはずです。

このような話を書いたのは、先日相談に見えた方の

失敗談をお聞きしたからです。

元事業を経営しておられ、

運転資金を銀行から借りられなかったため

最初は給料の遅配からはじまり、

取引先への支払いも滞りました。

サラ金から借りて何とかしようとしたのですが

結局、人がやめ、取引先がなくなり、

事業を続けていくことが出来ず、

残ったのは個人の借金だけというパターンでした。

まず、事業を続けていくには何から支払ったらよいか

次に、残りをどう処理したらよいかの順で

考えるのが重要です。

資金繰りのために消費者金融などから借入をするのは

絶対に避けるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=890