失礼な答弁書

さて、明日の武〇士の地方裁判所の過払い金請求の裁判ですが

答弁書がようやくFAXで送られてきました。

全く準備していないらしく、

答弁としては

1.請求の原因の内、原・被告間の取引については調査中。

2.請求の原因に対する答弁の詳細は、追って主張する。

被告の主張は

次回追って主張、立証する。

と、いつもどおりの対応。

明日は、裁判所に行って陳述だけして帰ってくることに

なりそうです。

わざわざ、本人に会社を休んでもらっているのに

期日を延ばすだけの手段で全くいい迷惑です。

これで、次回は弁護士を選任して、

弁護士からまだ選任されたばかりなので

期日の延期などと言ってくる可能性が高い。

(地方裁判所では2回目以降は出席しなければならないので、

弁護士または支配人が出てきます)

本当に姑息な手を使って来ます。

ほとんど事実関係に争いがない事件なので、

次回準備書面には不当利得の悪意は無い旨と

経営状況が悪化しているので減額して欲しい旨を

書いてくるのは目に見えています。

次回のこちらの準備書面は、予めこれらについて書いておき、

判決をすぐ求めるとしておこうかな?

少し怒り気味の関根でした^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=839