美容室でのトラブル

美容室でのトラブルに関する問い合わせがありました。

まだ、詳しく状況はお聞きしていないのですが、

パーマ液がかかってしまい、ヤケドをしたそうです。

病院にも通院しているとのことですが、

美容室に損害賠償の請求ができないかとの相談。

一般論ですが、

不法行為による損害賠償、

請負契約にともなう随義務違反による損害賠償

が考えられます。

どちらにせよ、損害賠償の請求が認められるには

実際の損害の発生が必要になります。

その内容として考えられるのは

1.治療費

2.病院までの交通費

3.仕事を休んだ場合は休業補償

4.精神的な苦痛に対する補償

よく慰謝料といわれるのは

このうちの4番目のことをいいます。

1番から3番までは実際にかかった金額ですが、

慰謝料については算定が非常に難しい。

一般には交通事故の場合を参考にして算定することが

多いようです。

交通事故の場合は、通院や入院の日数により

保険会社や弁護士会による算定表がでており、

これらによる解決が図られています。

また、ヤケドの後が残ってしまうような場合

後遺症として請求できる場合もあります。

そういえば、何年か前にキャバクラ嬢が、

注文と違う髪形にされたとして訴え、

損害賠償を認めた裁判があったことを思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=833