個人再生と連帯債務

夫婦で住宅ローンの連帯債務者になっている場合、

ご主人が個人再生、奥さんが自己破産したら

どうなるのかという相談がありました。

法律的には、ご主人の個人再生が認められて、

住宅ローンをそのまま返すことになったとしても、

連帯債務者の奥さんが自己破産すると、住宅ローンの一括弁済を

求められることになります。

当然、弁済は出来ないでしょうから、

自宅は差押、競売ということになるのでしょう。

しかし、実際問題として、銀行は弁済が確保されれば

よいのですから、すぐに競売ということはなさそうです。

金融機関によって対応は異なるでしょうが、

与信のやり直しをして、他の連帯債務者を探して

稟議する場合が多いのではないでしょうか?

結局、金融機関次第ということで、

答えは分からないというとろこでしょうか。

以上の前提は、奥さんが不動産の持分を持っていない場合で、

もし、持分があったなら、自己破産手続の中で、

換価して配当しなければならなくなりますので、

より一層問題は複雑化します。

夫婦で個人再生と自己破産という組み合わせは時々ありますが、

奥さんが連帯債務者になっている場合は、

利用するのはちょっと無理があると思います。

通常は、夫婦で個人再生の申立をすることになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=828