訴状を2つ

本日は過払い金返還請求の訴状を

2つ作成しました。

1つは地裁の本人訴訟用。

もう1つは簡裁の代理訴訟用。

違いはないのですが、簡裁の案件は、

途中で完済があり、1年ほどしてから

また借り始めたいわゆる分断の問題があるものです。

当然、一連計算で訴状は作成しましたが、

分断の主張をしてくることは明らかです。

今年の一月の最高裁の判決依頼、

分断の主張が主な争点になることが

多いようですが、

あの判例は契約が明らかに2つある場合の

裁判ですので、今回は適用の余地はありません。

しかし、必ずといっていいほど分断の主張を

してきますね。

どんな判例がでても、都合のいいように解釈して

反論をしてくるわけです。

こちらとしては、きちんと理論武装しておけば

なんということもないのですが、

裁判の回数が増えることは間違いありません。

分断の理論については後日詳しく書く予定ですが、

今日はこれから出かけるので、ここまで・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=779