3ヶ月を過ぎた相続放棄

このところ、相続放棄の相談が増えています。

先日は未成年の相続放棄について書きましたが、

今日は相続放棄の相談例。

Aさんにある日突然、銀行から通知書が届き

数百万円の支払いをするように書かれていました。

Aさんには心当たりがないのですが、よく読んでみると

前年亡くなった弟の借金を払えと言っているらしい。

Aさんの両親は亡くなっており、兄弟は独身だった弟のみ。

結局、Aさんは弟の相続人だったのです。

弟にはほとんど財産もなく、相続の問題は起こらないと

考えていたようですが、借金があったわけです。

このような場合、相続放棄をすることにより

借金の返済を免れることが出来ます。

しかし、問題が1つあります。

相続放棄は相続人となったことを知った時より

3ヶ月以内にしなければならないとされています

つまり、相続人になったことを知った時

(この場合は弟が亡くなったことを知った時)

から3ヶ月以内に何もしないでいると、

自動的に相続人になってしまうわけです。

しかし、3ヶ月過ぎていても相続放棄が

出来る場合があります。

判例では相続財産が全くないと過失なく信じていた場合は

3ヶ月を超えても相続放棄が出来ることがあると言っています。

そこで、借金があることを全く知らなかった状況を

家庭裁判所にしっかり説明できるようにして

相続放棄の申請をすれば、申請が受理されることもあります。

ただし、必ず受理されるとは限りませんので

事前に専門家に相談した方がいいでしょう。

相続放棄は1回しか出来ませんので

失敗すると取り返しのつかないことになるからです。

Aさんには相続放棄できる可能性があることをお話し

弟さんが亡くなったときの状況をよくお聞きして、

状況説明のための書面を作ることにしました。

相続放棄の手続きについてはまた後日書くことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=744