相続放棄の効果

相続放棄第3弾。

相続放棄の効果はあたりまえですが、

相続放棄した人が相続人ではなくなるので

借金を相続しなくて済みます。

しかし、相続放棄をしたことによって

あらたに相続人になる方が表れる場合があります。

例えば、亡くなった方に妻と子がいた場合、

通常、相続放棄は妻と子がするでしょうから

相続人は親ということになります。

両親が亡くなっていた場合は、

兄弟姉妹が相続人になり借金の支払の請求されたりして、

思わぬ迷惑をかけてしまうことがあるわけです。

この兄弟姉妹も相続放棄をしなけらばならず、

また兄弟姉妹で亡くなった方がいる場合は

その妻や子まで相続放棄をしなければならなくなります。

一族全員相続放棄などという自体も考えられ

大きな問題となることもあるでしょう。

従って相続放棄をする場合は、次の相続人と

きちんと連絡を取り合い、

処理する必要があるわけです。

この連絡を取ることは法的な義務ではないですが、

そこまで考えて相続放棄はすべきだと思います。

なお、相続放棄をした場合、死んだものとして扱うのではなく、

初めからいなかったものと考えるので、

代襲相続はしませんので、相続放棄をした人の

子が相続人になることはありません。

次回は相続放棄第4弾・・・・あるのかなぁ~?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=740