債権執行の流れ

今日は債権執行の流れを説明します。

まず、債権差押命令申立書を提出。

少額訴訟の判決の場合は、簡易裁判所になりますが、

基本的には地方裁判所の管轄になります。

申立書が受理されると、差押命令が出ます。

この差押命令は第三債務者、債務者、債権者の順に

送付されるようです。

第三債務者より先に債務者へ送付されると

差押さえを知った債務者が第三債務者から

債権の回収をしてしまう可能性があるからです。

債務者に送達されると、裁判所から債権者に

送達した日を記載した通知書が送付。

この債務者に送達された日から1週間すると、

債権者は第三債務者から直接取り立てることが

できるようになります。

具体的な取立て方法は債権者と第三債務者の

話し合いで決めるわけですが、

一般的には銀行に振り込んでもらうことが

多いようです。

債権者は取り立てることができたら、

裁判所に取立届を、全額回収できたら

取立完了届を提出。

一部しか回収できなかった場合や、

空振りで何も回収できなかった場合は

債権差押手続きを取下げ、

債務名義還付申請をして債務名義を返してもらい、

もう一度、他の第三債務者を対象に

債権差押命令を申し立てることになります。

給料債権などの場合は、将来に亘って

債権を差押える事ができますが、

他はなかなか回収するのは大変です。

次回は、差押さえ禁止債権について。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=732