差押不能・・・

昨日は、水戸まで出張と今日提出する書類の作成で、

遅くなってしまい、ブログを書くのを忘れてしまいました;;

さて、今日の相談から。

知り合いの司法書士からの紹介の相談でしたが、

裁判を起して、勝ったのだが相手が支払ってくれないので

強制執行をしたいとのこと。

給料を不払いがあり再三請求したにもかかわらず

支払がないので、訴訟したが被告が出席せず勝訴。

その後、連絡を取るが払う払うといって、

一向に払ってくれない。

そこで、強制執行をしたいとの相談でした。

不動産は持っているようだが、もちろん銀行の担保がついている。

不動産執行は費用がかかる上、差押しても銀行の担保が

優先するので、事実上回収不能。

動産執行の現実は差押できる品物が限られ、

宝石とか高価な絵画とかない限り無理。

そこで、債権執行。

相手は、元経営者であるが現在は事業をやめており

働いているが、どこで働いているかわからない。

どうやら交通整理のガードマンみたいなことを

しているらしい。

これではどこで働いているか分かったとしても

いつ辞めるか分からず、給料を差押することも難しい。

どこの銀行に預金があるかもわからない。

・・・・・無理です。

結局、相手は事業に失敗し、現在ほとんど財産もなく

借金がかなりあるようです。

相手が正社員などに就職したりして

状況が変わったらまた相談しましょう

ということで今回は様子見ということに。

訴訟で勝ったとしても、お金のない人からは

回収することは出来ません。

訴訟をするにしても現実に回収できる見込みがあるか

どうかを確認してすべき場合の典型でしょう。

せめて、訴えを起す前に相談があったなら、

もっとよいアドバイスができたのですが・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=706