総額規制

今週は問合せが多い。

今年の6月から施行されるという貸金業法の総量規制に

備えてだと思いますが、枠内なのに新たな借入ができず、

支払困難になっているという相談が増えています。

ご存知の方も多いと思いますが、総量規制とは

キャッシングなどの無担保ローンは年収の3分の1までしか

借りることができないというものです。

また、1社から50万円以上、

他社と合わせて100万以上借り入れる時は

源泉徴収等の年収を証明する書類が必要になります。

なお、年収については配偶者の年収を合算することもでき

世帯としての年収に対し3分の1までの借入となるようです。

したがって専業主婦の場合など、収入はありませんので、

借入をする場合は配偶者の年収によることになります。

また、この規制は個人向けのキャッシングやローンに限られ、

住宅ローンや自動車ローンは含まれないとされています。

この年収の3分の1という条件を現在の利用者に当てはめると

約44%の方が残高を減らさなければならないとの

統計も出ているそうです。

消費者金融も借入残高が高い方に対しては

すでに新たな融資をせず、

法律の施行に備えているのでしょう。

返すお金のために借金をするという

多重債務の構造を破壊するためには必要な規制ですが、

いざ現実に規制が目の前になってくると、

お困りの方もいらっしゃるはずです。

これからもできるだけ手助けさせていただきたいと

考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=665