債務免除と贈与税

今日はちょっと変わった質問がありました。

債務整理の相談の最中に、贈与税の話が出たのです。

税務関係に割と詳しい方で、

「債務免除を受けると、贈与を受けたことになり、

贈与税の対象になるのではないか?」

確かに、確定した債務の免除を受けると贈与になります。

以前、遺産分割の審判で代償金を支払うことになった方が、

代償金を支払わずに、免除を受ける和解が成立し、

税務署から課税されて訴訟になったことがあります。

この場合、確定した債務の免除を受けたわけですので、

相続税法(贈与税も相続税法で規定されている)により

課税されるのが原則です。

しかし、債務整理による和解の場合は、

確定した債務の放棄を受けるわけではなく、

話し合いにより債務の額をこれから確定するのですから

課税の問題は生じないと考えます。

税金の問題は相談中、聞かれることが多いのですが、

専門家ではありませんので概略しか説明できません。

しかし、業務の周辺知識として常に意識していないと

いけない分野です。

そういえば、確定申告も始まりました。

ぎりぎりにならないよう早めに手をつけないと^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=653