口頭弁論の休止

本人訴訟をしている過払い金請求が

第2回の口頭弁論直前で和解となりました。

遅延損害金を含めた請求額から端数カットで成立。

口頭弁論のほうは裁判所に休止(原告も被告も出席しない)

の申し出をしました。

和解が成立した場合、最終的には

訴えは取り下することになるのですが、

実際に入金があってから取り下げるのが通常です。

しかし、問題が1つあります。

口頭弁論を休止すると1ヶ月以内に期日指定の申立を

しないと訴えを取下げたことになります。

原告も被告も出席しない以上、

これ以上訴訟を継続するつもりはないと

みなされるのです。

今回の場合、入金の日は5月。

これでは入金があるまで訴えを継続することはできません。

そこで、1ヶ月以内に期日指定の申立をするか、

和解書を取り交わした時点で取下げをするか、

それともそのままにして取下げたものとみなされるか・・・

もし取下げをしたとしても、判決が出ていない場合は、

同一の訴えをすることができますが、

また、裁判所に費用を納めなければなりません。

さて、どうしましょうか^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=641