夫婦の債務整理

今日の相談事例から。

夫は1000万円近くの借金があり、

自己破産を考えている。

妻は夫の借金の一部を連帯保証しているが、

100万円程度である。

この場合どのような処理が考えられるか?

夫がどのような手段にせよ債務整理の手続きをとれば

当然、妻に保証債務の請求が行きます。

妻の債務が多ければ、夫婦共に自己破産の手続きを

取ることが多いのですが、

今回の場合、100万円程度で自己破産が認められるか

どうかが問題となります。

よく、いくら借金があったら自己破産は認められますかとの

質問を受けますが、

破産の条件は支払い不能の状態と規定されているだけです。

つまり、負債の総額のみではなく、

債権者数、債務者の収入、毎月の生活費、扶養家族の数

などによって、支払い不能かどうか判断されるわけです。

一応の基準として、手取り収入から生活費を引いた残額の

3年から5年分の債務があると、支払い不能状態であると

いわれています。

生活保護を受けている方や、年金収入のみの方は

たとえ100万円でも破産が認められる場合があるでしょう。

今回の場合、状況によっては夫婦共に自己破産という選択も

あるかもしれませんが、

妻のみ任意整理ということになるかもしれません。

いずれにせよ、夫婦共に債務整理をしないとならない

状況にあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=638