たらい回し

個人再生を利用する目的の中には

住宅ローンを別にして

他の債務を処理するというものがあります。

この住宅ローンを別にしてというのは

個人再生の手続きの中で、

住宅資金特別条項を利用して、

住宅ローンに関してどのように弁済をしていくかを

決めていかなければなりません。

民事再生規則ではこの住宅資金特別条項については

事前に貸付銀行と協議をすることが要求されています。

そこで、某銀行に債務整理の受任と事前協議のため

連絡をとろうとしたのですが、

まず、住宅ローンということでローンセンターに。

そこでは実際の融資は支店の担当なので、

支店に連絡するようにいわれました。

支店に連絡すると、担当者が不在ということで、

しばし連絡待ち。

午後になって担当者から連絡があり、

個人再生の場合、特別な担当部署があるとのことで

そちらに連絡して欲しいとのこと。

今度は、その部署に連絡すると、

受任通知は支店経由で受け付けているので、

支店宛、受任の旨と個人再生利用の旨を連絡して欲しい。

う~ん、まさにたらい回しです。

個人再生が施行された直後に銀行に連絡を取ったところ、

なんですかそれは?という感じでしたが、

今になってもあまり対応は変わっていないというのが

正直なところです^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=622