自己破産と引越し

最近の債務整理では住宅ローンが絡んでいることが

多くなっています。

ほとんどの場合、

自宅は残したいとお考えの方が多いのですが、

リストラなどで住宅ローンの弁済もままならず、

自己破産を選択する方もいらっしゃいます。

この場合、自宅を手放すことになるので、

どこかに引っ越すことを考えざるを得ません。

自己破産と賃貸契約やいつまでに引っ越すかなど

色々問題があるのですが、

今日は破産宣告と住居移転の禁止の関係について。

破産のデメリットとして、破産手続き中は

裁判所の許可がないと引っ越すことができない

ということがあります。

ではこの破産手続き中というのはいつまで?

という疑問があると思います。

通常は破産宣告から破産財産の清算が終わるまでです。

つまり破産者の財産を換金して、債権者に配当が

終わるまで、住所の移転は制限されるということです。

しかし自己破産の場合、通常は清算すべき財産もなく、

同時廃止という手続きが取られ、

破産宣告と同時に清算も終わったという扱いを受けますので

事実上、引越しの制限がなくなります。

ただし、住宅ローンがある場合は、完全なオーバーローンの

場合は除き、清算人が選任され清算手続きが行われますので、

これが終わるまで引越しをするには

裁判所の許可が必要になるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=575