債務が消えない相続放棄

相続放棄の問合せはよくあるのですが、

最近、勘違いしいる方がいらっしゃることに気がつきました。

本来、相続放棄は家庭裁判所に対して

相続放棄の陳述書を提出することをいいます。

ところが、遺産分割協議で、相続分がないことを

相続放棄と呼んでいるようなのです。

本来の意味での相続放棄は、

財産、債務共に相続しない効果があるのですが、

遺産分割で使われる相続放棄は気をつけなければなりません。

遺産分割協議では、債務に関しては協議で決めることが

できないからです。

例えば、財産や収入がある人が債務を相続せず、

それが無い人が債務を相続すると勝手に決めてしまうと、

債権者を害することになるからです。

そこで、債務に関しては法定相続分で相続するとの

取り扱いになっています。

従って、遺産分割協議で相続する財産がないとしても

債務は相続することになるわけです。

遺産分割協議で相続放棄をしたと思っている方も

借金の請求が来る可能性があります。

本来の意味の相続放棄をするためには

家庭裁判所に対しきちんとした手続を踏まなければなりません。

相続放棄は基本的には3ヶ月以内にしないといけないのですが、

後から借金が判明した場合など、

3ヶ月を過ぎても可能な場合がありますので、

ご心配な方はご相談を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=522