ギリギリ・・・

今日届いた取引明細書は、完済後の件。

最後の弁済の日付を見ると、平成12年10月28日・・・

危ない、消滅時効が迫っています。

過払い金請求の時効は一般の債権の時効期間として

10年とされています。

つまり、最後の弁済から10年を過ぎた過払い金は

請求できなくなるわけです。

ところで、時効中断という制度があります。

民法には色々規定があるのですが、

単に請求しただけでは時効は中断しません。

請求後、6ヶ月以内に裁判手続をしないと、

時効は完成して今います。

今回の場合は、すぐに請求書を送りましたが、

6ヶ月以内に和解が成立しなければ訴訟することになります。

ほんと、ギリギリでした・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=462