電柱の設置料

突然、東電の方が見えて

電柱の設置についての契約の更新をして欲しいとのこと。

どうやら後見人をしている方の土地上に電柱が建っており、

その土地使用の承諾が必要なのだと言う訳らしい。

電柱が立っている土地に使用料が支払われることは知っていましたが、

承諾すると3年に1回、3年分まとめて支払われることは

初めて知りました。

話を聞いてみると、山林を相続した人などが

その後、住所移転などをしてしまい、

現在どこに住んでいるのか分からないことがあり、

承諾書を貰えず、困っているとのこと。

土地の登記内容を元に、現在の所有者を訪ねているらしいのですが、

住民票は移しても、登記の住所移転をする人は少ないので

もっともな話です。

確かに、相続をする場合、電柱のことまで考えて

相続分割をすることはないようですし、

たまたま、相続した方が遠方に住んでいると

手続も大変でしょう。

承諾をもらえないと使用料も払うことはできないとのことです。

思い当たる方は東電に連絡してみたらいかがでしょうか?

3年分といってもたいした額ではありませんが、

思わぬ臨時収入があるかも・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=456