地番と家屋番号

地番と家屋番号が違うという相談がありました。

地番とは土地の番号であり、

家屋番号とは建物の番号のことです。

建物の場合、1つの土地の上に2つの建物が

建っていたりして地番と家屋番号は

必ずしも一致しません。

また、住居表示や区画整理などにより

地番の変更はされたが建物はそのままになっている

などと言う場合もあります。

今回は、そうではなくて

500-2と500-3の土地があり、

地番は500-3なのですが、

家屋番号は500-2だということです。

1.元々500-2という土地があり、

その上に建物が建てられた。

2.その後500-2が分筆され500-3という

土地が登記された。

3.建物は分筆された500-3の上に建っていた。

というようなことが考えられます。

地番と家屋番号が異なることはよくあることですし、

実害もありませんが、現状と一致させる場合は、

土地家屋調査士さんの仕事になります。

気になるようでしたら相談してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=453