連帯保証人

連帯保証人になった方からの相談がありました。

ご存知の方も多いかとは思いますが

保証人と連帯保証人は、

連帯保証人

債務者の支払が止まるとすぐに請求がくる。

保証人

債務者が支払ができないことが証明してくれといえる。

点が異なります。

どちらも債務者が自己破産した場合などは

請求されるのには違いがありませんので、

保証人になるのは、かなり注意が必要です。

債務者が自己破産していない場合は、

債務者に対して、代わりに弁済したのだから

返してくれといえるわけですが、

なかなかうまくいくことは少ないようです。

元々、弁済できるなら債務者が債権者に支払を

しているはずだからです。

では、保証人になってくれと頼まれた場合は

どうしたらいいのでしょうか?

なかなか難しい問題ですが、

古い友人から保証人になってくれと頼まれた時には

こういいました。

「保証人にはなれないが、

今自由になるお金がこれだけあるので、

取りあえず、これを使ってくれ。」

解決にはなっていないかもしれません。

しかし、これが私に出来る精一杯の誠意でした。

皆さんならどうしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=450