オーバーローン

本日は、破産申請書の作成。

今まで集めてきた資料を

ここでまとめ上げるわけです。

机一杯にいろいろな資料を広げて、

作業をしていますが、

なかなか時間がかかります。

記載した内容にミスはないか

相互に齟齬がないか、

などをチェックしながら大体できあがりました。

後は、作成しながら気がついたところを

本人に確認して、補充すれば完成です。

今回は住宅ローンもあり、

いわゆるオーバーローンの上申書も

つけることになります。

住宅を持っている場合は、

住宅の処分してその代金を配当しなければなりませんので、

基本的には破産管財人がつきます。

破産管財人をつけると

その費用もかなりのものになりますので、

できれば、破産管財人をつけずに済ませたいわけです。

破産管財人がつかない場合を同時廃止といいますが、

同時廃止が認められるためには財産がないことを

証明しなければなりません。

つまり、住宅を持っていても銀行からの借金があり、

たとえ、住宅を売ったとしても銀行の借金を返すのに足りない

ことを説明するものがオーバーローンの上申書です。

これが認められれば、銀行が抵当権を実行して

強制執行をしますので、破産管財人がいなくても

住宅は処分され、お金は残りませんので、

それを配当する必要もないわけです。

現在では不動産の価格がかなり落ちており、

オーバーローンとなっている場合がほとんどです。

貸したほうの銀行としては担保を設定した意味がなく

たまらないと思いますが、

こちらとしては費用が安く済み助かります^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=426