借金がある相続

相続の相談から。

父親が亡くなり、調べてみたら貯金と借金があったが、

どのような手続をしたらいいでしょうか?

1.貯金より借金が多い場合。

相続放棄をするのがよいと思います。

相続放棄は相続があったことを知った時から

3ヶ月以内に家庭裁判所で手続ができます。

2.貯金が借金より多い場合。

通常の相続手続をします。

誰が遺産を相続するのかを話し合い、

遺産分割協議書を作成することになります。

但し、注意点としては、債務は法定相続分に

応じて相続することになり、

債権者からの請求に対しては

遺産分割を主張することは出来ません。

通常は遺産分割で債務を相続した人が、

責任を持って支払うことになりますので

問題にはなりませんが、支払わなかった時に

請求される可能性があります。

3.貯金と借金のどちらが多いか分からない場合。

限定承認という手続があります。

相続放棄と同様に相続を知った時から3ヶ月以内に

家庭裁判所に申し立てることによって、

相続財産を競売して、債務の弁済をし、

財産が残ればその財産を相続、

債務が残れば残りは免除されるという制度です。

しかし、相続人全員から申し立てなければならないこと、

公告が必要なこと、

相続財産を競売しなければならないことなどから、

手続が複雑であり、ほとんど利用されていません。

費用もかかりますし、

相続財産がかなりある方が利用されているぐらいのようです。

私も依頼されたことはありません、はい^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=420