個人再生の研修会

先週の金曜日に、所沢支部の研修会で、

個人再生の研修があったのですが、

住宅ローンの特則の説明を聞いているうちに

思い出したことがありました。

住宅ローンの特則には4類型があり、

1 滞った支払を一定の期間内に支払う期限の利益回復型、

2 弁済期間を延長するリスケジュール型

3 リスケジュールだけではなく、再生期間中は弁済を低くする

元本猶予期間併用型。

4 上記の3つの類型以外に、金融機関が同意すれば

自由に計画を立てられる同意型があります。

特に、リスケジュールは元の契約の最終弁済期から10年以内、

最終弁済期が70歳以下の場合、許可されます。

ところで法律が施行された平成12年当時、

早速、住宅ローンの特則を利用した個人再生の申立を

したのですが、元々の住宅ローン自体の最終弁済期が

70歳を超えていたのです。

そこで、リスケジュールを最終弁済期を伸ばすことなく、

元本猶予期間を設けた計画を立てたのですが、

個人再生委員(裁判所から選ばれた弁護士さん)から

70歳を超えた再生計画なので、

金融機関の同意が必要なのではないかという指摘がありました。

しかし、70歳を超えてはいけないというのは

リスケジュールをして期間を延ばす場合の規定であり、

金融機関の同意は必要ないと考えたので、

色々資料をつけ裁判所に上申書を出しました。

結果、同意はいらないということになりましたが、

申請する方も、裁判所も、個人再生委員も

まだまだ個人再生のことをよく理解していなかった頃の

出来事で、右往左往していました。

あの頃は個人再生って訳が分からなかったなぁ・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=401