相続時精算課税

贈与の相談がありました。

通常、贈与では贈与税が問題になります。

年間110万円の基礎控除はあるのですが、

それ以上になるとかなりの高額な贈与税がかかることになります。

近頃は、贈与税の相続時精算課税のことをご存知の方も多く、

専門家ではありませんが、概略をお伝えすることがあります。

贈与税には「暦年課税」と「相続時精算課税」の2種類があり、

「暦年課税」とは年毎に贈与税を支払うもので、

「相続時精算課税」は贈与時に贈与財産に対する贈与税を支払い、

相続時に贈与された財産と相続財産の合計から相続税を計算して、

支払った贈与税額を相続税から控除して精算する手続です。

65歳以上の方が20歳以上の相続人に贈与する場合に

選択することができ、一度選択すると、「暦年課税」に

戻ることは出来ません。

具体的には、贈与する財産の価格から2500万円の控除をした金額の

20%が贈与税になります。

この2500万円は一生を通じて2500万円まで控除できるとされ、

1度に2500円控除したら2度と利用することはできません。

逆に、例えば1000万円の控除を利用したとしたら、

後1500万円の控除を後に利用することができます。

また、110万円の基礎控除は利用することができません。

詳しくは、税務署や税理士さんに聞いていただきたいのですが、

司法書士もこの程度のことは理解していないと、

相談に応じることもできません。

税金て本当に難しい・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=335