任意売却と自己破産

今日は、不動産の任意売却が終わってから受任した

自己破産の案件の、任意売却の資料をもらいました。

通常、差押などがあると、破産手続きが先行して、

破産手続きの中で、任意売却が行われます。

もちろん、任意売却して住宅ローンがなくなれば

破産する必要はないのですが、

住宅ローンが残る場合がほとんどです。

任意売却した後、破産手続きをする場合、

管財人事件になると問題になることがあります。

任意売却によって処分した価格が適正であるか、

処分により得た金銭の使い方が適正であるかなどが調査され、

もし、不適正だとされると否認権が行使されます。

否認権とは偏った弁済のための処分であるとして、

その処分自体を取り消して債務者の財産に戻すことをいいます。

こうなると改めて、管財人による処分がなされ、

それを各債権者に配当することになります。

住宅ローンの場合、抵当権が付けられており、

銀行等は優先的に弁済を受けることが出来るのですが、

弁済する金額以上の価値が不動産にある場合などは

このようなことが起こるわけです。

今回の場合、オーバーローンであることは明らかで、

同時廃止事件になると思われるので

問題はなくてよかった、よかった・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=331