過払い金と相殺

債務整理を依頼された場合、1つの会社に対して

複数の債務があることがよくあります。

例えば、キャッシングとショッピングは別々の債務です。

キャッシングは利息制限法に引きなおして計算するのですが、

ショッピングは利息制限法の対象にならず、

そもそも利率も低いことが多いので、

減額されることはほとんどありません。

キャッシングに過払いが生じた場合、

ショッピングの債務と相殺して残額を弁済したり、

過払いが多い時は、相殺後の金額を請求したりします。

ところが、キャッシングの方の計算で合意が得られないことがあります。

分断の主張があったときなど、通常の過払い請求では

訴訟になることが多いわけですが、

相殺の主張をしたい場合、ちょっと困ってしまいます。

この場合、どのような解決方法があるでしょうか?

1つは、キャッシングとショッピングを別々に処理することにし、

取りあえず、ショッピングの部分を弁済することにし、

キャッシングの過払い金については訴訟を起こすという方法があります。

訴訟中に、和解案としてショッピングについても

解決することもありますので、この方法がいいのかもしれません。

また、通常の民事調停をおこすことも考えられます。

特定調停では過払い金の解決は出来ませんので、

民事調停で、残債の確認の上、弁済方法を決めることが可能です。

他には、債務額確定訴訟を起こすこともできます。

キャッシングとショッピングの相殺した後の残債が

いくらであるか確定してもらう訴訟です。

しかし、残債の額が確定するだけですので、

一括弁済が出来ない場合は使いづらいかもしれません。

この場合も、和解がしやすくなるので、

それを目的にすることもできます。

色々方法はありますが、なかなか面倒なことになることは

間違いありません。

実際は、任意整理として互いに歩み寄れる和解案を出して、

交渉をした上で、和解できないときに使われる手段です。

でも、債務が残る場合、債務者としては1円でも少なくしたいので、

和解できないことが多いのですが・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=321