共有不動産と自己破産

今日はこんな相談がありました。

「離婚した妻と共有している不動産を持っていますが、

サラ金からの借り入れもあり、住宅ローンが払えなくなってしまいました。

他の司法書士に相談したのですが、住宅の共有の問題が難しいので、

詳しい先生に相談するようにと言われました。」

かなり、複雑な話になりそうなので、何回かに分けて考えたいと思います。

まず、通常の任意整理、個人再生が利用できないことを前提に、

自己破産を選択したらどうなるかを考えていきます。

住宅ローンは共有の場合のみならず、連帯保証人がついていることがあります。

通常は保証会社の保証を受けていることが多いようですが、

妻の連帯保証がある場合も散見されます。

自己破産と連帯保証の関係は、言うまでもなく、

自己破産を選択すれば、当然、連帯保証人に請求が行きます。

そのための連帯保証ですからね。

離婚に際して、よく

「連帯保証人をはずすことができないか?」との相談を受けますが、

銀行は離婚を原因に連帯保証人をはずすことはまずありません。

中には認められることもあるようですが、可能性はかなり低いようです。

この場合、他に連帯保証人を立てるなどして交渉していくしかありませんが、

離婚に際して、このような処理をきちんとしていないことが大半です。

つまり、離婚しても、連帯保証人は相手方が自己破産すると、

その債務の支払をしなければならないわけです。

これが、共有になっている場合は、単なる連帯保証人ではなく、

直接の債務者となっているはずです。

この場合、互いの債務を連帯保証していることが通常です。

離婚の際、財産分与として家の名義をどちらか一方にしている場合も

この自己の債務と連帯債務が消えることはありません。

共有のまま、家に住む方が、ローンを支払うと約束したとしても

銀行にそのことを主張することは出来ません。

銀行としては夫と妻に別々に資金を貸しているわけですので、

誰が家を利用しようが関係ないからです。

前述のように、離婚に際して、このあたりのことをしっかり処理していることは

非常にまれのようです。

では、共有者の一方が自己破産した場合はどのような手続が取られるのでしょう?

長くなりそうなので、また明日・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=283