消滅時効の援用

数週間前のことですが、

何年か前に、弁護士に債務整理を依頼したが、

費用が払えず、断ってそのままになってしまった

という方からの相談がありました。

その後、今年になってから、債権譲渡を受けたという会社から

請求を受けたのだがどうしたらよいかとの相談でした。

最後の弁済から5年以上経っているということですので、

債務は消滅時効にかかっているはずです。

しかし、時効にかかっている債権でも

請求して弁済があったらもうけものと考えて、

安価で債権譲渡を受ける会社があります。

このような場合は、きちんと消滅時効の主張(時効の援用)を

しないとなりません。

具体的には、

「請求のあった債権は最後の弁済から5年以上経っており、

その間の時効中断理由もないので、消滅時効を援用する」

というような内容の内容証明郵便を送ることになります。

今回は、合計9社からの借り入れがあって、

そのままになっているということでしたので、

受任通知を出し、債権を確認した上、

全社に内容証明郵便を出しました。

きちんと時効消滅を主張しておかないと、

債権者の方にも債権が残り、

個人信用情報の記録もいつまでも消えないことになってしまいます。

請求がないからいいやと考えずに、しっかりした処理をする

必要があります。

そういえば、内容証明の料金5円下がったのですね。

今まで気がつかなかった・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=249