引き伸ばしなのか・・・

本日、第2回口頭弁論があったエ〇ワの対応。

6月17日(木)、やっと和解案の提示あり。

約50万の請求のところ、

34万を来年の4月と5月に17万ずつの分割。

当然、拒否。

6月18日、午後6時ごろ。

第一回準備書面、FAXにて着。

証書貸付なので包括契約はなく、

単独契約の主張及びそれに基づく過払い金は

22万の主張。

本人も単独契約であることを認識していたとの主張。

早期解決を図るため、前述の和解案の提示。

本日裁判所にて、エ〇ワ不出頭。

裁判官も判決は出したいが、

原告側の包括契約である旨の主張及び、

単独契約の認識がなかった旨の陳述が欲しいとのこと。

仕方なく、準備書面と陳述書を出すことにして、

もう一度期日を入れる。

どの消費者金融もそうですが、

裁判期日の直前に書類を送ってくるので、

それに対応する書類を作る暇がありません。

せめて、4、5日前には送ってもらわないと、

もう一回期日を入れることになり、

訴訟経済上はなはだ迷惑です。

裁判を引き伸ばしの手段として使っているとしか

思えません。

また、判決が伸びてしまって、

いつになったら回収できるやら^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=232