第2回口頭弁論調書(判決)

 

先週の建物明渡裁判に、相手方が答弁書も出さず、

出席もしませんでしたので、判決が昨日でました。

 

今日、早速、判決書が送られてきましたが、

その表題が「第2回口頭弁論調書(判決)」となっています。

 

通常の場合は、口頭弁論が終了した後に

「判決日」が指定されその日に判決が言い渡されます。

 

ところが、相手方が何の対応もしなかった場合には、

判決日に第2回口頭弁論が開かれその場で、

判決を言い渡すという形を取るようです。

 

そこで、第2回口頭弁論調書となるわけです。

 

裁判事務を始めた頃はこの仕組みが分からず、

間違えではないかと思い、書記官に問い合わせたことが

あるのは内緒です・・・><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2307