賃貸人の相続と賃料

 

家主が亡くなった場合の賃料の相談がありました。

 

事情があってまだ遺産分割協議が整っていません。

 

そこで賃料がどうなるのかの相談です。

 

まず、遺産分割協議の効力は

相続開始の時に遡るとされていますので、

遺産分割でその不動産を所有することになった相続人が、

賃料を貰うことができるという考え方があります。

 

これに対し、遺産は遺産分割されるまで

相続人が共有するとされていますので、

遺産分割が整うまでの賃料は各相続人が

取得するとの考え方もあります。

 

この問題に対し最高裁は賃料と遺産とは別個の財産だとして、

各相続人が法定相続分に応じて取得すると結論付けました。

 

そこで各相続人は相続持分に応じて賃借人に賃料を

請求できることになりますが、

これは現実的ではありません。

 

解決策としては相続人全員から指定された銀行口座をつくるか、

債権者不知を理由にした供託をするしかありません。

 

賃借人が困るでしょうから、相続人としては

早急に銀行口座を作るべきです。

 

ところで司法書士は相続財産の管理も仕事としてやっています。

 

相続人全員からの依頼があればこのような場合も、

賃料を預り、遺産分割が成立した時点で

分配するといったこともできます。

 

相続人の一人に財産管理を任せることに

不安がある場合などに利用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2299