訴状が届かない・・・

 

訴状は特別送達と言う郵便で送られますが、

相手が不在だったりすると通常の書留と同様に、

郵便局に取りに来るようにとの連絡が入ります。

 

期日までに取りに来ないともう一度届けに行きますが、

また不在ですと裁判所に戻ってしまい、

結局、訴状が届かないことになります。

 

次に就業場所に送達を試みるわけですが、

相手方の職場が分からないとこれはできません。

 

今回の場合は、確実に住んでいる場所は分かっているので、

「付郵便送達」という手続が取られると思います。

 

相手方が受け取ったかどうかには関係なく、

書記官が発送した時に送達があったとみなされる手続です。

 

この手続を取るには付郵便にして下さいという上申書と、

そこに確実に住んでいるという調査をして、

報告書を提出しなければなりません。

 

相手方の家に行って、

ガスや電気のメーターが動いているとか、

表札があるとか、郵便物が溜まっていないとか、

住民票の住所が一致しているとかを調査。

 

もちろん、写真も撮っておきます。

 

また、近所の人からも様子を聞かなければなりません。

 

依頼者に連絡を取って、一緒に行ってもらった方がいいかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2258