通帳がおかしい

 

今日は銀行の預金についての相談がありました。

 

通帳と取引履歴が合わないと言うのです。

 

預金のトラブルは通常、銀行との話し合い、

それでも解決しない場合は、

「全国銀行協会相談室」を利用することがあります。

 

銀行は通常、指定紛争解決機関として、

全国銀行協会と契約しているからです。

 

まず、相談室に相談すると相手方銀行に、

事実確認や解決に向けた取り組むの報告を求めます。

 

これにより解決すればよいのですが、

2ヶ月過ぎても解決しない場合は、

「あっせん委員会」のあっせんを受けることが出来ます。

 

あっせんの申立は訴状によく似たもので、

司法書士は代理ないし書類作成のお手伝いをすることができます。

 

ここで和解が成立すれば、無事解決です。

 

しかし、解決しない場合は結局訴訟になってしまいます。

 

今回の相談は、通帳の記帳のトラブル。

 

日付順に記帳されるのが当たり前ですが、

最後の一行がとんでもないところに記載されており、

通帳の最後と繰り越した通帳の最初の金額が合わないという状態。

 

とんでもないところの記載を最後の一行と読めば、

繰り越された通帳の金額と合っており、

なんら問題がないということが分かって一安心。

 

○○○。○銀行、もう少し機械のメンテナンスを

きちんとしてして欲しい・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2254