自筆証書遺言

 

今日は飯能社会福祉協議会のよろず相談会。

 

離婚、借金請求、遺言の相談がありました。

 

遺言は、自筆証書遺言の内容の確認と、

その保管方法を相談されました。

 

自筆証書遺言の形式は整っていましたので、

いくつか言葉遣いの訂正と、

遺言執行者を決めた方がよいこと、

遺言書に記載なき相続財産についての

文言を入れた方がよいことなどを

アドバイスしました。

 

検認のこともご存知でしたので、

手続についての説明もしました。

 

また、保管方法についてですが、

貸金庫や専門家に預ける方法なども説明しましたが、

そこまでする必要がないということでした。

 

そこで、

「遺言を書いたこと、どこに保管してあるかなどを

親族の方にきちんと伝えておくことが大事」

 

「奥さんのご兄弟とか相続人以外の方にも

遺言のことを話しておく」

 

など、遺言を有効に利用できるように

準備しておくことを進めました。

 

遺言は公正証書遺言が一番よいと考えていますが、

費用の問題もあり、きちんとした自筆証書遺言を書き、

その遺言が実現できるような保管方法を取れば、

実質的には公正証書遺言とそう差異はありません。

 

但し、必ず専門家のチェックを受けることをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2244