弁済の充当

 

利息の再計算をする場合よく、

弁済の充当が問題になることがあります。

 

弁済の充当とは元金と利息のどちらから

返したお金を分配していくかの問題です。

 

契約上の規定がなければ通常利息に充てていきます。

 

例えば20000円返して、

その時5000円の利息が付いていれば

5,000円を利息に15,000円を元金に充てることになります。

 

ところがある程度一括弁済した場合など、

取引履歴上元金から充当していることがあります。

 

こうなると当然元金が一気に減りますので、

その後の利息がかなり少なくなり、

弁済がしやすくなるわけです。

 

その点を債権者が考慮してくれているのだろうとは思います。

 

ところが過払いになる場合などは、記録とは違い、

利息から充当した計算を主張してくることがあります。

 

こうなるとまとまる話もまとまりません。

 

結局、訴訟で解決ということになります。

 

まぁ、記録がありますのでまず負けることはありませんが・・・^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2230