休眠抵当のその後

 

先日の休眠抵当の件ですが、思わぬ展開に。

 

東京法務局まで行って閉鎖謄本の調査をしたところ、

解散した会社はどうやら別会社ということが判明。

 

会社設立の日が、抵当権設定の日より後・・・。

 

そこで、同名の会社を捜してもらうと、

ある会社に吸収合併された会社がありました。

 

閉鎖謄本の住所が若干、

抵当権の住所とは異なっていましたが、

この会社であることは明らかです。

 

ということで、休眠抵当の手続を取る必要はなく、

現在の会社に連絡をとり、通常の抹消手続を取ることになります。

 

と言っても、どこに連絡を取ればいいんだろう?

登記簿には電話番号は書いてありませんので・・・^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2210