即決和解

建物明渡が続いていますが、1件解決の方向へ。

未払い賃料の支払があり、今後も賃貸を続けたいとの意向。

しかし、今後もこのようなことがあっては困りますので、

支払を確実にするために訴え提起前の和解(即決和解)を

利用することになりました。

通常、契約履行を確実にするために

公正証書を使うことが多いのですが、

公正証書によって強制執行できるのは金銭債権のみです。

今回は、賃料の支払だけではなく、支払がなかった場合、

建物明渡まで強制執行できるようにしておかなければなりません。

即決和解によれば賃料の支払がなかった場合、

すぐに契約を解除し建物の明渡をするという文言を入れておけば、

これを元に、建物明渡の強制執行をすることができます。

この条件で相手方が納得しましたので、

早速、裁判所に申立書を提出することになりました。

これで明渡の案件は後2件。

1件は内容証明が届いて返事待ち、

1件は内容証明が届かず、もう一度住所の調査中。

と思っていたら、もう一件相談が入りそうです。

いやはや・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2153