和解の傾向

ある司法委員の方とお話していて、

クレジット系の債権で、

弁済計画として3年間、36回を

支払える限りの金額を支払い、

残りは免除するとの和解をしたと伺いました。

裁判を通しての和解だと、

このようなことが可能なのかと

すこし驚きました。

それに対し、消費者金融系は、

裁判所でも将来利息を請求するところが

増えているそうです。

将来利息カットで和解を勧めても、

それでは判決を出してくださいと

言ってくるところもあるらしい。

こうなると自己破産や個人再生を選択せざるを

得なくなってきます。

過払い金請求だけではなく、

債務整理はますます難しくなってきている

ようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=208