集中化のメリット

会社の本店移転の登記は、移転先が同一管轄内ならば、

その法務局に移転の登記をすればよいのですが、

移転先が他の管轄になった場合、

双方の法務局に移転の申請をしなければなりません。

移転元の法務局を経由して移転先の法務局に申請することになっており、

結局、2通の申請書を移転元の法務局に提出することになります。

同一管轄内ならば、登録免許税は3万円、

他管轄に移転する場合は、6万円かかります。

ところで、埼玉県内の会社の登記はすべてさいたま地方法務局

本局が管轄になりましたので、

埼玉県内の本店移転は、1つの登記申請で済むようになりました。

登録免許税も3万円で済み、集中化のメリットといえるでしょう。

しかし、今回の依頼は、入間市から青梅市。

距離的には非常に近いのですが、埼玉の入間市から、

都内の青梅市に本店移転するので、

管轄が異なる本店移転ということになります。

この場合も、さいたま地方法務局本局を経由して、

東京法務局西多摩支局に申請。

例えると、すぐ近くの店に行くために、

わざわざ高速に乗って遠回りして出かける気分です。

なんだかなぁ・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=2020