登記情報提供サービス

不動産登記の依頼があると、まず物件の調査をします。

分筆されたり国土調査が入ったりして、

権利書の記載と現在の状況が異なることがあるからです。

また、所有者の住所が以前のままになっていることもあります。

この調査は民亊法務協会の登記情報提供サービスを利用しています。

登記がコンピューター化される前は、

法務局へ行って登記簿を閲覧、メモをしていたことを考えると、

このあたりは非常に楽になっていますね。

登記情報提供サービスでは現在事項証明書や

登記事項要約書にあたるものを請求することができませんので、

今まで記録された全ての事項がでてきてしまいます。

(共同担保目録と信託目録は除外できます)

そこで、何十人が共有している土地でも全ての人の記録が

出てきてしまうわけです。

それはそれで別に構わないのですが、1つ問題があります。

登記情報提供サービスで請求できる情報の量には

1メガバイトという制限があるからです。

登記情報はPDFファイル形式で提供されますので、

情報の量は多くなり易く、共有者が多いと請求できない自体が生じます。

ちなみに今日請求した情報はPDFで12ページ、

容量は204.98バイトでした。

概算ですが1024÷204.98=4.9956・・・なので

この約5倍、60ページ分ぐらいまでは大丈夫なのでしょうか?

まだ、実際に容量オーバーで取得できなかったことはありませんが、

登記事項証明書で60ページ位のものってありそうだなぁ・・

そういえば登記事項要約書もオンライン申請できないし、

このあたりが解決されれば登記情報も

要約書が請求できるようになるのかな?

まぁ、あまり期待せずに改善を待ちましょう・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1983