判決正本の用紙

司法書士会から、判決正本等の用紙が変更されるとの

連絡がありました。

判決正本とは、判決を言い渡した裁判所から交付される

判決書の写しのことで、

「これは正本である」という書記官の認証がある文書

のことをいいます。

従来の判決正本は通常用紙に認証文と書記官の印鑑が

押されているだけで、なんだか、価値がないというか、

カラーコピーされたらまずいだろ的なものでした^^;

そこで、この認証文のページを印鑑証明書などのように

コピーしたら「COPY」の文字が浮き出るものにするそうです。

裁判所の手続は印鑑も認印でいいし、

本人の確認も「〇〇さんですね」で終わってしまうし、

これでいいのかな~と前から感じていました。

ようやく、一部ですが、偽造防止策が始まったわけです。

まぁ、当分の間は簡易裁判所では利用されないらしく、

また仲間はずれにされた気分です^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=198