住所が・・・

相続登記の場合、亡くなった方の登記簿上の住所と、

亡くなった時の住所が異なる場合、

繋がりを証明する書類が必要です。

通常、住民票や戸籍の附票で証明できますし、

遡った戸籍の本籍と登記簿上の住所が一緒でも構いません。

ところが、戸籍の附票にも載っておらず、

本籍とも関係ない住所が登記簿に載っていることがあります。

この場合、権利書を付けたりすることが多いのですが、

権利書が無いことも多々あります。

そうなると、不動産と現在の住所を結びつけるものとして、

固定資産税の納入通知とか、水道代、電気代の領収書とか、

法務局と打ち合わせして色々書類を捜すことになります。

今回・・・・権利書も見当たらず、亡くなったのが平成元年。

なんにもありません・・・・

どうするんだろ・・・・^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントの更新情報

トラックバックURL: http://www.lsoys.com/blog/wp-trackback.php?p=1938